インフルエンザは、気温が下がって空気が乾燥する11月から3月ごろ流行します。
 普通のかぜと違い、急に症状が出ますので、早めの予防策が何より大切になります。
 

 詳細については、帯広市保健福祉部健康推進課のホームページをご確認ください。


 インフルエンザにかからないためには、日ごろの予防が大切です。
 自宅では次のことを実施しましょう。

・外から帰ったらうがい、手洗いをする
・食事と睡眠はしっかりとる
・部屋の空気を乾燥させすぎない(湿度50〜60%程度)
・体調が悪いときは、混雑している場所は避ける
・予防接種を受ける




詳しくは次の資料をご覧ください。
インフルエンザを予防しましょう

 すぐできる!手洗いのしかた
(クリックすると拡大します)
   
 一般的にインフルエンザウイルスは、塩素消毒によって速やかに感染性を失います。
 帯広市では、浄水処理の過程で塩素消毒を常に徹底し、万全な管理を行っておりますので、水道水は安全です。
 どうぞ、安全な水道水を、安心してお使いください。
 
 
 新型インフルエンザの感染予防のため、身近な水道水で手洗い・うがいをしましょう。

お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部総務課庶務係 電話/
0155-65-4211