ご家庭で下水道がつまったとき、道路と宅地の境界にある公共汚水ますのふたを開けて調べてください。

 ※ 公共汚水ますと私設ますとの境界については次の「排水設備のしくみ」をご覧下さい。


公共汚水ますがつまっていないとき

 宅地内の排水管がつまっていると思われますので、下記の清掃業者に連絡してください。この場合の費用については有料になります。
 なお、土曜日、日曜日、祝日や夜間は、清掃業者と連絡がつかない場合もあります。連絡がつかない場合、市役所当直室(電話:24−4111)までご連絡ください。

(帯広市指名登録業者)
番号 事業者名 住 所 電話番号
1 (株)環境テクノス帯広支店 帯広市南町南7線26−27 48−8858
2 (株)クラシアン帯広営業所 帯広市西2条南33丁目12 0120−500-500
3 森原清掃工業 帯広市西23条南4丁目11−15 33−1839

公共汚水ますがつまっているとき

 下水道課建設維持係にご連絡ください。
 なお、土曜日、日曜日、祝日や夜間は、市役所当直室(電話:24−4111)にご連絡ください。

  
 排水設備とは、家庭の台所、風呂、洗面所、トイレなどの汚水を下水道に流すための施設です。

 その内容は排水管、掃除口、トラップで構成されており、個人の負担で設置していただくもので、維持管理もそれぞれで行っていただきます。

 公共汚水ます以降の下水道施設は市が設置し負担します。

 工場や商店などの事業所からの汚水も家庭の汚水と同じ経路で終末処理場に流れますが、1つ違いがあります。

 下水道管を損傷させる恐れのある物質や、終末処理場で行う微生物を利用した処理の機能を低下させてしまう恐れがある物質があります。
 下水道へ排出する汚水にこれらの物質が、許容量以上含まれることが、あらかじめわかる場合、これらの害を未然に防ぐため排出者自身が必要に応じ前処理施設を自らの敷地内に設置しなければなりません。この設備を 除害施設 といいます。

 現在の汚水の処理システムは、本来、生活排水を対象にしたものです。快適な水環境を保つために有害物質等を含む排水について水質規制を行っています。
 
 みなさんの理解と協力をお願いします。

お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部下水道課建設維持係 電話/0155-65-4219
    帯広市上下水道部下水道課施設係   電話/
0155-26-2934