下水道は汚水の処理と雨水の処理、両方の重要な役目を持っています。
 集水方式は「分流式」と「合流式」があり、それぞれ次のような特徴があります。

  方 式 利 点 欠 点 帯広市の割合
合流式 汚水と雨水を同一の下水管で収集できるため浸水防除と水洗化が同時に達成できる方式です。
昭和30年代頃まで採用されました。
1本の管で収集するため水洗化と浸水防除が達成できます。
建設費・維持管理費が安くなります。
一定以上の降雨時には未処理下水の一部が河川へ流出することがあります。 約10%
(早期に整備された市街地中心部)
分流式 汚水と雨水をそれぞれ別々の下水管で収集する方式です。昭和47年公害問題の顕在化により公共用水域の水質保全のため、これ以降原則として分流式となりました。
降雨時においても汚水はすべて処理場へ送られて処理されます。
下水管を2本布設するため、建設費・維持管理費が高くなります。 約90%

合流式下水道

 家庭・屋根・道路からの排水(汚水・雨水)をすべて1本の下水管で集水します。
分流式下水道

 家庭からの排水(汚水)は汚水管、屋根や道路からの排水(雨水)は雨水管で集水します。

  
 合流式下水道は大雨の時において未処理の下水が一時、河川に流出することがあり公衆衛生上問題となっています。
 帯広市はその改善計画を策定し、対策を実施しています。
改善計画期間

 平成16年〜平成25年(10年間)

改善目標

 流出する汚濁量(汚れ)を削減します。
 未処理の下水の吐き口から河川への越流回数を削減します。
 吐き口から夾雑物(ゴミ)の流出を防止します。

お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部下水道課建設維持係 電話/
0155-65-4218