財政のお知らせ

予  算 平成26年度予算〕〔平成27年度予算〕〔平成28年度予算〕〔平成29年度予算
決  算 平成25年度決算〕〔平成26年度決算〕〔平成27年度決算〕〔平成28年度決算
決算推移 収益的支出・資本的支出の推移
  
 帯広市の水道事業、下水道事業は、地方公営企業法の適用を受ける「地方公営企業」として、事業を行っています。
 この法律では、通常の役所の会計制度とは異なり、事業の運営に必要な経費は、その事業の運営によって得られる水道料金や下水道使用料で賄う、いわゆる「独立採算制」の原則に基づき経営を行う企業会計となっています。
 本市の公営企業においても、常に企業の経済性を発揮し一企業としての視点に立ち、効率的な経営に努めています。

 水道事業、下水道事業の特徴は、浄水場から家庭までの水道施設、家庭から下水処理場までの下水道施設の整備に多額の費用がかかることです。帯広市は区画整理事業などにより市街地は大きく発展しましたが、これにともない、水道、下水道も整備されてきました。これらの整備には特定財源(補助金など)のほかは企業債借入により行ってまいりました。この企業債(借金)にかかる利子負担が大きいと経営を悪化させる要因となりますが、水道事業では平成12年度、下水道事業では平成11年度をピークに企業債残高が減少しています。

 上下水道部としては、収入(水道料金・下水道使用料)に見合った支出とするため、高金利の企業債を補償金を支払わずに繰上償還することで、返済利息を軽減させ、また、行財政改革による人件費の総額抑制、維持管理費の削減などによる、経営努力を行っていきます。

 平成20年4月より水道料金の一部値下げ改定を行いましたが、これによる減収に対しては、営業費用(人件費等)を削減するなどして対応いたします。
 今後とも、市民のみなさまには「安全・安心・安価でおいしい水」を安定的にお届けするとともに、下水道の普及により、快適で衛生的な生活をしていただけるよう努力いたします。

お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部総務課財務係 電話/
0155-65-4212