貯水槽水道とはどのようなもの?

 
ビルやマンション等の建物で、配水管から送られてきた水道水を、受水槽や高置水槽などで一度貯めてから各戸へお届けする設備を総称して「貯水槽水道」といい、大きく分けて次の2種類があります。

      ○簡易専用水道   (貯水槽の有効容量の合計が10㎥を超えるもの)
      ○小規模貯水槽水道 (貯水槽の有効容量の合計が10㎥以下のもの)  

管理はだれがするの?

 管理はその設置者(建物の所有者、管理を委託されている方)などが責任をもって行ってください。
  貯水槽水道は、構造的に水槽内でいったん水が開放されますので、常に空気と触れることになります。 
  また、サビや水槽の亀裂など設備の不良部分から有害物質や汚水・小動物などが侵入することによって、水質が劣化し、
利用者の健康被害が発生するおそれがあります。
  そのため、法令により設置者などが貯水槽水道の適正な管理を行うことが定められています。
 ◎簡易専用水道
  水道法第34条の2で、1年以内ごとに1回、定期的に、上下水道部水道課審査係または厚生労働大臣の登録を受けた検査機関の検査を受けるよう定められています。
 ◎小規模貯水槽水道
  帯広市水道事業給水条例第32条第2項で、簡易専用水道に準じた適正な管理に努めることを定めています。

適正な管理のためにどうするの?
   

水槽の清掃を1年以内ごとに1回、定期的に行ってください。

日ごろから水槽を点検するなどし、有害物、汚水等によって水が汚染されないための対策をしてください。




水槽からできるだけ離れた位置に取り付けられている給水栓(蛇口)の水の色、にごり、におい、味などに異常がないか確認してください。もし異常が認められるときは、必要な項目について水質の検査を行ってください。
 ・  水槽の水が危険であるとわかったときは、ただちに給水を止め、このことを使用者と帯広市上下水道部水道課へ知らせてください。

 清掃や検査の申し込み、相談はどこにするの?
  ○清掃の申し込み
水槽の清掃を依頼する場合は、北海道知事の登録を受けた「建築物飲料水貯水槽清掃業者」をお勧めします
   建築物飲料水貯水槽清掃業者(平成26年12月31日現在 十勝管内のみ)
 帯広ビル管理㈱ 帯広市大通南15丁目19  24-7111 
 ㈱帯広公害防止技術センター       帯広市東8条南3丁目1           22-3677    
カンエイ実業㈱帯広営業所    帯広市東9条南7丁目2  22-4971 
日東美装興業㈱  帯広市西3条南15丁目11  24-2700 
 サンテクノ㈱ 帯広市西23条北2丁目17-10  37-1811 
 ㈱北海道エコシス 帯広市西24条北4丁目5-4   37-3766 
 ㈱環境テクノス帯広支店 帯広市南町南7線26-27  48-8858 
環境クリーンサービス  河東郡音更町駒場南2条通5番16 44-2171
クリーン開発㈱芽室営業所 河西郡芽室町東11条10丁目1-29 62-9038
㈱かんきょう 本社 河西郡芽室町西1条南3丁目2番地12 62-0123
㈱カンキョウ 上川郡新得町字新得東1線32-8 0156-64-5613
 ○検査の申し込み
管理の状況に関する検査は、帯広市上下水道部水道課審査維持係または厚生労働大臣の登録を受けた検査機関に申し込んでください。
   登録検査機関 (帯広市内のみ)
 日本衛生㈱道東支店帯広営業所       帯広市東5条南6丁目1-4          21-2008    

相談、お問い合わせ

 管理等に関するご相談・お問い合わせは、帯広市上下水道部水道課審査維持係が担当しています。
貯水槽水道の利用者が水質に異常や不安を感じた場合は、連絡をいただければ、必要に応じ水質検査等を行い、その結果をお知らせします。
 ・ 水質検査の結果に異常があった場合は、設置者に指導等を行います。 


お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部水道課審査維持係 電話/
0155-65-4216