浄水場管理棟

 帯広市の水道は、昭和28年の創業以来、稲田浄水場で取水している札内川の伏流水を水源として市政の発展による人口増加や水洗トイレの普及などによる使用水量の伸びに伴い、4次にわたる拡張事業で水道施設の整備を行い、安全で安定した給水をしてきました。
 この間、第2の水源として1市4町2村で構成する十勝中部広域水道企業団より受水を開始し、水不足による断水や給水制限などの心配はなくなり、現在はいつでもおいしい水を安定供給できるようになりました。


中央操作室

 稲田浄水場の中央操作室では、コンピュータによって、関連する施設の配水量や水圧など、水の状況を集中管理しています。遠く離れた施設で、異常や故障が発生した場合でも、遠方監視操作装置によりいち速く対応できます。皆さんの家庭へ安全な水を安定的に供給するため、24時間体制で運転監視しています。

  
浄水場をたずねてみよう!

 わたしたちがいつも何気なく飲んでいる水道水は、いったいどのようにして作られるのでしょうか。
 水道水の工場ともいえる浄水場をたずねてみましょう。


(拡大図

@ 取水口(7m) 川底に埋められた、穴のあいた管で水を取水します。
A 着水井(6m) 水の量や、水位を調整します。
B 薬品混和池(8.5m) 薬品を加え、水を急速に混ぜ合わせます。
C フロック形成池(4.5m) フロックという小さなにごりのかたまりを作ります。
D 沈でん池(5.6m) 小さなにごりのかたまりを沈めます。
E 急速ろ過池(6.2m) こまかい砂利と砂に通してきれいにします。
F 滅菌 安全な水にするため、塩素を入れて消毒します。
G 配水池(4.1m) 水の使用に対して十分な水を安定して供給できるように貯えます。
H 配水ポンプ こうして作られた水は、配水池からポンプを使って家庭や学校へ送られます。

稲田浄水場で
1日に送れる水の量
稲田浄水場で
貯えておくことができる水の量
帯広市民が
1日に使う水道水の量
約40,000m3
 (学校のプールの約130杯分)

企業団からの受水
約43,000m3 (学校のプールの約140杯分)
約18,000m3
(学校のプールの約60杯分)
約45,000m3
(学校のプールの約150杯分)
※1人あたり275L
牛乳パック275本分
  
 帯広市の水道水は、現在2つの浄水場で作られ、生活用水や事業用水として使用されています。

 稲田浄水場では、札内川の下を流れる水(伏流水)から細かな土や砂を取り除き塩素で消毒して、市内東半分の地域や南町配水場に送っています。

 中島浄水場では、地下水(浅井戸)の濁りを膜ろ過装置で取り除き、中島・幸福・昭和町の一部などの地域に送っています。

 また、平成7年度には十勝中部広域水道企業団より受水が開始しました。十勝中部広域水道企業団では、札内川ダムの水をなかとかち浄水場で浄水処理し、構成団体1市4町2村に供給しています。帯広市では別府配水池で受水して、帯広の森減圧弁室より市街地西半分の地域に送っています。

稲田浄水場浄水棟 南町配水場

お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部水道課施設係 電話/
0155-48-2802