上下水道料金(2ヶ月分)

 上下水道料金は、2ヶ月ごとの定期検針の使用水量を基に、基本料金と従量料金で計算します。
 計算方法は、以下の料金表や計算例をご覧ください。
 公共用・浴場用・臨時用の料金表は計算例の下に表示しています。
 平成26年6月1日以降検針分から、下水道使用料の一部引き下げと、上下水道料金の消費税率改定を実施します。


 ・水道料金表(平成26年6月1日以降検針分から適用)

 ・下水道使用料表(平成26年6月1日以降検針分から適用)

 ・上下水道料金早見表

 ・使用水量が20㎥までの下水道使用料改定の考え方(平成26年6月1日以降検針分から適用)



上下水道料金の計算例  <メーター口径が20mmで使用水量が32m3のとき>

・水道料金の計算方法
    基本料金   2,376・・・①

    従量料金(20m3までの部分)
         8748銭×20m3 = 1,749円60銭・・・②
        (
21m3から32m3までの部分)
         @
259円20銭×(32m320m3)= 3,110円40銭・・・③

  ①
2,376+②1,749円60銭+③3,11040銭7,236
                ※ 基本料金と従量料金の合計の円未満の料金は切捨て。

       
2ヶ月分の水道料金は、7,236


・下水道使用料の計算方法
    基本使用料  1,706円40銭・・・①

    従量使用料20m3までの部分)
          @54円×20m3 = 1,080円・・・②
          (
21m3から32m3までの部分)
          @
15228銭×(32m320m3)=1,827円36・・・③

  ①
1,706円40銭+②1,080円1,827円36銭4,613
            ※ 基本使用料と従量使用料の合計の円未満の使用料は切捨て。

       
2ヶ月分の下水道使用料は、4,613円



使用期間が2ヶ月に満たない場合の計算(一般用)

 水道使用開始、終了、一時休止では、定期検針日からの使用期間によって、計算します。

使用期間 基本料金 使用水量ごとの従量料金単価区分(単位:m3
区分1 区分2 区分3 区分4 区分5 区分6
1日~15日 2ヶ月の1/4 1~5 6~10 11~25 26~50 51~250 251~ 
16日~1ヶ月 2ヶ月の2/4 1~10 11~20 21~50 51~100 101~500 501~ 
1ヶ月超~45日 2ヶ月の3/4 1~15 16~30 31~75 76~150 151~750 751~ 
46日以上 通常の2ヶ月の計算と同じ
上記使用期間に対して適用される
2ヶ月における従量料金の単価区分
1~20 21~40 41~100 101~200 201~1000 1001~ 
    注1 メーター口径が40mm以上の場合、区分1の水道料金の従量料金はありません。
    注2 区分4・5・6の水道料金は2ヶ月における
101m3以上の従量料金の単価区分になります。

例:使用期間
12日、使用水量8m3、メーター口径20mmの場合
 基本料金は2ヶ月の1/4、従量料金は5m3までは区分1、それを超える3m3は区分2が適用されます。
  区分1の水道従量単価:87円48銭(2ヶ月における従量単価の20m3以下の区分)
  区分2の水道従量単価:259円20銭(2ヶ月における従量単価の21~40m3の区分)
  区分1の下水道従量単価:54円(2ヶ月における従量単価の20m3以下の区分)
  区分2の下水道従量単価:152円28銭(2ヶ月における従量単価の21~40m3の区分)

<水道料金>
 594円(基本料金の1/4)+8748銭×5m3(区分1)
              +
25920銭×3m3(区分2)=1,809
     ※ 基本料金と従量料金の合計の円未満の料金は切捨て。

<下水道使用料>
 42660銭(基本使用料の1/4)+54円×5m3区分1)
                 +
15228銭×3m3(区分2)=1,153
     ※ 基本使用料と従量使用料の合計の円未満の使用料は切捨てとなります。



お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部料金課料金係 電話/
0155-65-4213