平成23年12月27日(火)、稲田浄水場におきまして市長、公営企業管理者及び工事施工業者などの参列のもと、太陽光発電システムの通電式を行いました。

 帯広市は平成20年度に「環境モデル都市」の指定を受け、環境に配慮した事業を積極的に行っています。
 こうした取り組みの一環として、帯広市公営企業でも「おびひろ上下水道ビジョン2010」に基づき、環境にやさしい省エネルギー型の施設管理に向けた施策を展開しています。

 その取り組みの1つが、今回の「太陽光発電システム設置工事」で、太陽光の利用により最大40kwの発電が可能となります。
 この電力を施設の電灯などに利用し、環境負荷の軽減を図ります。
(通電式の様子) 

(太陽光発電システム)

お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部水道課施設係 電話/
0155-48-2802