消化槽(汚泥処理)
 「最初沈殿池」「最終沈殿池」から送られてきた汚泥を「濃縮槽」でさらに沈殿させ水分を減らしたあと、「消化槽」へ送ります。
 ここでは空気の嫌いな微生物(嫌気性微生物)の発酵を利用して有機物を少なくし、無機物とメタンガスに分解します。
 発生したガスはタンクに蓄えられた後、この分解促進のための熱エネルギーとして利用されます。また、余ったガスは発電にも利用されます。
脱水機(汚泥処理)
 消化発酵により有機物の少なくなった汚泥は、まだ水分が多い液体状態になっています。汚泥の扱いを簡単にするため、水分を減らす脱水処理を行います。なるべく汚泥のみを集めるために凝集剤などの薬品を加え「脱水機」に入れると固形状の汚泥になります。

帯広川下水終末処理場へ

お問い合わせ電話番号
    帯広市上下水道部下水道課施設係 電話/
0155-26-2934